施設・設備

1

未来の技術が、現実のものに

BMI(Brain-machine Interface)

脳波センサーによる制御システム。複数の脳波センサーにより、脳内の活動を立体的に捉えることができる。制御したい内容を頭に思い浮かべ、その時の脳波を記録しておくことにより、頭で想像したとおりにモノが動くようになる。

BMI

2

高精細なモデリング

3Dプリンター

3D-CG ソフトMayaで描いたデータを基に3次元モデルを手軽に造形することができる。最近では、まるで写真のように見えるCGでの完成イラストなどはプレゼンツールの一つとしてよく目にするが、同設備の導入は、キャラクターを立体モデルとして見せるだけでなく、ディテールを手にとって様々な角度から検証することができる。CGの3Dデータをベースにデフォルメされたものではなく、忠実に再現できる。CG制作の授業・実習において、同設備で作り出された詳細なモデルを用い、目で見て、手で触れて確認・検証できるのだ。

3Dプリンター 3Dプリンター

3

電脳オーケストラシステム

PRO TOOLS HD

現実のピアノやオルガン、ギター、バイオリンなどの楽器を一台も必要とせず、コンピュータで全楽器音を作り出す電脳オーケストラシステムPRO TOOLS HD を用いてサラウンド編集&4K・3D 映像制作を実施。レコーディングに創作、音楽業界では標準とされているシステムなのだ。

PRO TOOLS HD

4

CG アニメーションや映像制作に活用

モーションキャプチャー・システム

人間の実際の動きをデータとして取り込むことができるモーションキャプチャー・システムは、格闘ゲームをはじめ、人の動きをよりリアルにCG で表現するために必須のシステム。ゲーム業界のみならず、映像製作業界でも用いられている。1人の動きを取り込んでデータ化することで、膨大な数の人間の動きに増殖できるため、時間的にも効率が上がり、エキストラの削減による大幅なコストダウンも可能である。

DNAシーケンサー

5

Photoshop やRightroom はもちろんカラーマネジメントも学べる

5K Retina ディスプレイ

sRGBからDCI-P3ベースへと色域を25%広げた5K Retina ディスプレイ。5,120×2,880ピクセルの圧倒的な解像度。フルHDの7倍、4Kと比べても1.67倍に相当するこのディスプレイで作品表現も思いのまま。

5K Retina ディスプレイ

6

この広大なスタジオが、あなたの作品表現の場所

5つのカメラワーク・ライティングスタジオ

太陽光を採り込み、しかも6面のバックが取れる屋内デイライトスタジオや、最新の機材を備えたデジタルスタジオなど、5つのカメラワーク・ライティングスタジオを完備。様々な光源を活用したライティング多彩な質感表現と撮影技法を修得でる。

5つのカメラワーク・ライティングスタジオ 5つのカメラワーク・ライティングスタジオ

7

博物館でもお目にかかれないカメラ・レンズがいっぱい

本校にしかないカメラ・レンズ

本校にしかないカメラ・レンズ 本校にしかないカメラ・レンズ

もっと見る