IT・クラウド科

基本情報技術者(国家資格)午前科目免除!

1

クラウド・ICT・IoT・BMI など最新技術が続々登場!

IT 関連の国家資格取得に対応したカリキュラムを実施し、通信・ネットワーク関連の工事担任者DD第三種、第一級陸上特殊無線技士の国家資格が校内認定講習修了でもらえます。ロボット制御技術をはじめとする最新のニーズに応えるべき人材を育成します。

クラウド

クラウド

不特定多数の利用者のさまざまな要求に対して、柔軟かつスピーディに応えるのがクラウドコンピューティングの使命。データを自分のパソコンや携帯電話でなく、インターネット上に保存して使うサービス。自宅、会社、学校、外出先など様々な環境の機器から閲覧、編集、アップロードができ、手間やコストが軽減されるメリットがあります。

ICT

ICT

我が国が抱える様々な課題( 少子高齢化、医師不足、協働教育の実現、地域経済の活性化等) に対応するために、ICT( 情報通信技術) の利活用は必要不可欠。世界最先端のICT 基盤を備えている日本。この基盤を有効に利活用する技術や技術者に注目と期待が。

IoT

IoT

コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在する様々な物体(モノ)に通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うこと。冷蔵庫が賞味期限を知らせてくれたり、献立を考えてくれたりするようです。

BMI

BMI

イメージするだけで機械や装置を動かす新技術「BMI (ブレイン・マシン・インターフェイス)」人が何か動きをイメージすると、脳からはそれに応じた電気信号が出されます。この信号を電極で読み取り、今どんな動きをしたいのか、分析します。その結果をロボットアームなどに送り、同じ動きをさせる技術です。

2

スキルを高めるカリキュラムと設備で高度な国家資格をGet

クラウド利用に必要なネットワーク技術、プログラミング、スマホ、タブレット、IoT構築、ドローンによる空撮映像を含むビッグデータ処理に対応したカリキュラムを実施。プログラマ、システムエンジニアとしてのシステム開発の知識と技術を学習、ハードウェア、ソフトウェアなどコンピュータのしくみを理解し、システム設計、データベース、ネットワーク、セキュリティ技法を学び未来のエンジニアを目指します。

主なカリキュラム

  • 授業
  • 実習

3

様々な実習設備で多方面の技術、知識を習得

多機能コンピュータ実習室

多機能コンピュータ実習室

  • BMI

    BMI

  • インターグラフCG制作用実習室

    インターグラフCG制作用実習室

  • シンクパッドプログラミング実習室

    シンクパッドプログラミング実習室

  • モーションキャプチャースタジオ実習室

    モーションキャプチャースタジオ実習室

  • シンクパッドエンベデッドシステム実習室

    シンクパッドエンベデッドシステム実習室

  • 画像処理実習室

    画像処理実習室

4

国家資格が校内認定講習修了でもらえる

午前科目が免除される国家資格

  • 基本情報技術者試験

    IT人材となるために必要な基本的知識、実践的な活用能力を身に付けた者が対象システムの設計・開発を行い,又は汎用製品の最適組合せ(インテグレーション)によって,信頼性・生産性の高いシステムを構築する。
    ※校内認定試験合格

校内認定講習修了でもらえる国家資格

卒業と同時に科目免除される国家資格

カリキュラム対応や対策講習で有利に取得できる資格

  • インターネット検定

    クラウド活用、スマートフォンやタブレット端末、Facebookやtwitterなどのソーシャルメディアなど、最新のICT技術やサービスを常に反映。実践的で実用的な知識を習得できます。

  • ビジネス能力検定

    どんな仕事にも必要な8つの意識(顧客、品質、納期、時間、目標、協調、改善、コスト)とチームで働くためのスキルなどの検定です。

  • 応用情報技術者

    基本戦略の立案やIT設計・開発を実現する業務に従事する者を対象とし応用力を問う。

  • IT パスポート試験

    現代のビジネスマンとして備えておくべき情報技術に関する基礎的知識を問う。

  • 情報デザイン試験

    社会で働きはじめる人に必要とされる、情報を「受け取り、伝える」能力を総合的に評価する試験です。試験科目には、「初級」と「上級」の2つがあります。

求められる資格